安全な照明機器で気持ちも明るく?LED照明の性質を理解して正しく使おう!

LED照明の特徴と最適な使い方

LEDは従来の照明機器と比べて光が拡散しにくい特徴があります。明度も高く、遠く離れた位置からでも対象部分を明るく照らすことが出来るので高い天井の照明やスポットライトに最適です。また、照明機器は使用していると発熱するので燃えやすい物の近くに置けない欠点がありますが、LEDは長時間使っても熱くなりにくいのでどのような場所でも置くことが可能です。紫外線の放出も無いので屋外で使っても虫が集まらず、周囲が汚れる心配が無いのもLED照明だけの大きなメリットです。

LEDは電力消費量が少なく耐用年数も長いことから維持コストが少ない照明機器として広く普及してます。住宅用の照明としても多用されていますが、LEDは長時間継続して使うことを前提に作られているので、頻繁にスイッチを切り替える場所では却って傷みやすくなる点を注意します。

LED照明の品質を保ちながら長く使うための工夫

LEDは従来の照明機器と比べて耐用年数が長く、明度も低下しにくいのが利点です。その反面、扱い方を誤ると傷みが進み、却って壊れやすくなってしまいます。特に住宅については維持コストを下げる目的でLED照明が使用されているので、性質を理解して正しく扱うのが長持ちさせるための工夫です。

LEDは長い時間照らし続けるのが正しい使い方です。住宅の部屋によっては頻繁に照明のスイッチを切り替えることから、蛍光灯など従来の照明の方が長持ちするケースがあります。また、LEDは衝撃を受けると劣化するので購入時には商品の置き場所に気を配っている店舗を利用するのも重要なポイントです。同じ商品でも扱いが粗雑な店舗は避けるのが明度の高い照明を選ぶ条件になります。

LEDライトパネルは、消費電力が少ない点に加え、長寿命という点も大きな魅力で、コストパフォーマンスに大変優れています。